兄妹の違いがおもしろい

我が家には息子と娘がいる。この二人の違いが何とも興味深い。例えば、食事に関していうと息子は偏食がひどく、食わず嫌い。初見のモノは絶対に口に入れようとせず、見た目で判断しがちである。一方、娘は初見のモノは「どういう味なんだろう」という好奇心が勝るのか何でも食べたがる。梅干しやたくあん、キムチなど匂いがきつかったり独特なものでもチャレンジする精神は息子に見習わせたいぐらいである。
セノッピーを購入した私の口コミ!森三中大島さん愛用サプリの効果は?

あとは運動に関していうと、息子は運動音痴で娘は運動能力が高い。小さい頃から平衡感覚がなくよく転びがちだった息子とは違い、娘は生後10ヶ月で歩き出し1歳の誕生日には一升餅を背負って走ったという伝説の持ち主である。現在、二人共自転車を練習中だが、娘の方が脚力が強くバランス感覚が良いので、息子より早く補助輪が外せそうだ。

性格に関していうと、息子はとても素直で感受性が豊か。人が大好きで人見知りはしないし、自分が注目を浴びるのが好きなタイプ。一方、娘は警戒心が強く人見知りが激しい。息子と違い注目を浴びることが何より苦手で、保育参観や習い事の見学で親の姿を見つけると、途端に何もやらなくなってしまうタイプだ。したがって、運動会では息子には大声援を送るが、娘には気配を感じられないようそーっと物陰から見守るスタイルである。

このように、ざっと少し書き出してみても二人の違いは面白い。同じ環境で同じように育てていてもそれぞれの「個性」が感じられて、子育てがとても楽しい。これからもそれぞれの個性を大切にしながら二人を温かく見守っていきたい。