肌のケアは冬だけではない。春もケアは重要です。

やっと極寒の冬が終わり、待ちに待ったポカポカ陽気の春になりました。

お肌の方も、春なので絶好調だと思っていたのですが、何だかイマイチな気がしてなりません。

もしかしたら、春でも肌に何かしらのトラブルがあるのかと思い、調べてみました。ビハキュアのシミ消し

春は陽射しが柔らかく、お肌に当たる風も温かみをまして心地よいですが、実は空気はとても乾燥しています。春先のスキンケアの悩みは、肌のごわつきや乾燥、紫外線の症状が出ることに気づきました。

肌のごわつきは、角質が厚くなるとごわつく場合が多く、その場合は不要な分は自然に剥がれていくので、基本的なスキンケアを続けていれば改善されます。

春はまだ肌に厳しい時期が続いているのに、保湿がおろそかになってしまい春先に「肌がつっぱる」「毛穴の開きが気になる」といった、乾燥による肌のトラブルが増えるので、冬以上にしっかりと保湿をする事が重要です。

紫外線は、4月から急激に増えて、深いシワやシミの原因にもなるため、なるべく陽射しを遮断するようにする。外出の際は、帽子を被ることで紫外線から肌を守ることが可能になります。

UVファンデーションは、普通に生活する分にはSPF値は10~20程度で、PA値はPA+~PA++程度で充分です。

皆さん、春だからと油断せずに、きちんとスキンケアをして肌トラブルを防いでいきましょう。