毎年冬場に悩まされる私のあかぎれ

私のお肌の悩みは手肌に関するものであり、毎年冬場になると必ず手にあかぎれができてくることです。

現在は11月とはいえまだ真冬ほどの寒さではないのに、私の右手にはすでに2つのあかぎれができています。

寒くなるにしたがって私の手にはあかぎれが増えていきます。PLUEST(プルエスト)の効果を徹底検証!購入して使った口コミ評価!

あかぎれなしで一冬を越したことはなく、ひどい時には片方の手に5~6のあかぎれがあることも珍しくありません。

このあかぎれですが、私の場合は夜寝る前にハンドクリームを塗るという対策をしています。

昼間でもクリームを塗ることはありますが、冬場は冷えるためにすぐトイレがに行きたくなります。

トイレに行くと手を洗うので結局クリームを塗ってもあまり効果がないのです。

そんなわけで私は夜寝る前に「ユースキンA」というハンドクリームをあかぎれ部分に塗り込んでから寝るようにしています。

このクリームを塗った時は幹部がヒリヒリとしますが、朝起きた時には少しあかぎれがましになります。

しかし今あるあかぎれが治ったと思ったらまた別のあかぎれができるという繰り返しであります。

体質的に末端冷え性ということもあってあかぎれに悩まされるので、一度でいいからあかぎれができずに一冬を越えたいです。