かぜをひかない対策をしっかりしましょう

朝夕の冷え込みも一段と増し、冬へ向けての季節の変化も感じるようになって来ましたね。

これからの時期、気温の寒暖差で免疫力が低下して風邪を引いてしまう方も多くいると思います。風邪の予防と対策を紹介します。
http://www.ebprevention.org/

外出先から帰宅したら「手洗い」「うがい」をする。子供の頃友達と遊んで家に帰ってきて、テーブルに置いてあるおやつを食べようとしたら、母に「手洗い、うがいをしなさい。」と何度も言われて、渋々言う通りにやった。大人になって母が言ったことが理解できるようになりました。

それは、ウイルス菌を体内に入れないようにすることが風邪に予防になります。

外出先でバスや電車のつり革、ドアノブなど外では不特定多数の人が触れるものがたくさんあります。それを予防するためにも、「うがい」や「手洗い」を習慣にすることです。菌は目に見えないからといって、うがい・手洗い疎かにすると風邪をひいてしまいます。

冬の空気は乾燥して喉に違和感を感じる場合は、「マスクの着用」や「飴を舐める」ことをおすすめします。マスクの着用は外出の時だけでなく、睡眠時に口で呼吸をしてしまう方にもおすすめです。

睡眠時に口呼吸で寝てしまうと、ウイルスや菌が直接喉に入り込み炎症を引き起こしてしまうのです。マスクを着用することで、口呼吸から鼻呼吸で寝ることが可能になります。

今はコンビニでも手軽に多種多様なマスクが売られていますし、何よりも手軽に出来る対策ではないでしょうか。