汗と健康の関係性を紹介します。

汗をかくことは体にいいことと言われていますが、私はこのところ運動をしていないので、「いい汗をかいた!」という感覚がありません。

そこで良い汗と悪い汗があるとのことなので汗と健康について調べて見ました。

パエンナスリムNEOを購入

汗とは、汗腺から分泌され、汗腺は体にある外分泌腺のひとつで、唾液、涙線などと同様、外に体液を分泌する役割があります。

良い汗とは、基本的に良い汗は水分だけが体の外へ出ています。

塩分を含んでいる水分を吸いとって必要な成分を体内に残す。

汗の粒が小さい、熱中症になりにくい、雑菌が繁殖しにくい、嫌な臭いがないなどの汗は日常生活に支障はないです。

悪い汗とは、主な特徴は「嫌な臭いのある汗」です。

ベタベタする、しょっぱい味がする、白っぽい粉をふく、汗の粒が大きい、熱中症になりやすいなどの特徴がある。

悪い汗が出ている人は、自分の生活習慣を見直す必要があるので、食生活や睡眠不足、運動不足にならないようにしてください。

よく高校の部室の臭いがくさいと聞きますが、ということは、熱中症が影響しているのかあ~と感じました。私が子供の頃は、水分補給はNGでした。

今考えると水分補給せずによく運動したなあ。と思いました。

また、汗をかくことでダイエット効果があり、体内にたまっている老廃物や毒素を排出して、美肌効果も期待できます。

以上で汗の健康についてでした。

良い汗を出すには、食生活などの日々の生活をきちんとして過ごす必要があります。

そこで日常生活が乱れないように心掛けていただき、悪い汗を出さないように注意しましょう。