兄妹の違いがおもしろい

我が家には息子と娘がいる。この二人の違いが何とも興味深い。例えば、食事に関していうと息子は偏食がひどく、食わず嫌い。初見のモノは絶対に口に入れようとせず、見た目で判断しがちである。一方、娘は初見のモノは「どういう味なんだろう」という好奇心が勝るのか何でも食べたがる。梅干しやたくあん、キムチなど匂いがきつかったり独特なものでもチャレンジする精神は息子に見習わせたいぐらいである。
セノッピーを購入した私の口コミ!森三中大島さん愛用サプリの効果は?

あとは運動に関していうと、息子は運動音痴で娘は運動能力が高い。小さい頃から平衡感覚がなくよく転びがちだった息子とは違い、娘は生後10ヶ月で歩き出し1歳の誕生日には一升餅を背負って走ったという伝説の持ち主である。現在、二人共自転車を練習中だが、娘の方が脚力が強くバランス感覚が良いので、息子より早く補助輪が外せそうだ。

性格に関していうと、息子はとても素直で感受性が豊か。人が大好きで人見知りはしないし、自分が注目を浴びるのが好きなタイプ。一方、娘は警戒心が強く人見知りが激しい。息子と違い注目を浴びることが何より苦手で、保育参観や習い事の見学で親の姿を見つけると、途端に何もやらなくなってしまうタイプだ。したがって、運動会では息子には大声援を送るが、娘には気配を感じられないようそーっと物陰から見守るスタイルである。

このように、ざっと少し書き出してみても二人の違いは面白い。同じ環境で同じように育てていてもそれぞれの「個性」が感じられて、子育てがとても楽しい。これからもそれぞれの個性を大切にしながら二人を温かく見守っていきたい。

まるでお店のごはん!子供もワクワク、彩り鮮やかごはん

今回は子供のごはんについて書いてみたいと思います。

セノッピーを購入した私の口コミ!森三中大島さん愛用サプリの効果は?

皆さんは子供のごはんを作る際に気にしていることはなんですか?私は5歳と6歳の娘2人を持つ母ですが、最近は娘たちが女子力が増してきて栄養重視のごはんから栄養と彩りを兼ねたごはんを意識するようになりました。栄養も見た目もなんて気にしていられない!と思う方も多いと思いますが、案外簡単かも!と思うように、最近なれたのでご紹介していきたいと思います。

まず私の料理は何品作るかということ所から始まります。

丼ものやカレーなどの場合はメイン+サラダ+スープ+果物

例)カレー、サラダ、レタスとニンジンのスープ、ぶどう

和食だと、メイン、おかず、白ご飯、みそ汁、果物、サラダや和え物

例)焼き魚、肉じゃが、白ご飯、みそ汁、ホウレンソウの白和え

洋食の場合は、主食、サラダ、スープ、軽いおかず、果物

例)パスタ、サラダ、ニンジンとブロッコリーのスープ、オクラのベーコン巻、りんご

この構成で献立を立てていきます。

これで行くとサラダと果物さえ彩りがあれば、たいていのメニューは彩り完璧になります。サラダはトマトとコーンを入れれば彩りよく見えるので難しいことはしなくても大丈夫。果物はオレンジやりんごなど色が鮮やかなものがいいかと思います。季節の果物ももちろんOK。ぶどうを食卓に並べるのでもマスカットと巨峰を並べるだけでも色彩は増えます!主食は茶色になりがち、サラダで彩りを加えて、スープはニンジンやかき卵を入れるだけでも彩り完璧!和食は彩りが難しいので、定食屋さんをイメージして小鉢を並べるととても見栄えがいいです。

毎日のごはんが子供たちもワクワクする食卓になったらきっと楽しいですよね!

もしよろしければこの構成で1週間献立を立ててみて下さい。献立を立ててから買い物にいくのもおススメです!

全ての家庭の食卓が楽しくありますように?

初潮予兆、月経と反抗期について

うちの子は小学5年生の夏休みに初潮がありました。私が帰宅して、脱衣所に行くと洗濯もの入れに下着が入っていました。トイレが間に合わなかったのかと思って手に取ると初潮でした。リビングで宿題をしていた子供に問いかけると「かなぁ~と思った」と言いました。めでたい事なので、お祝いをしたのですが赤飯が苦手なため鯛を夕食に出しました。

振替ってみると、初潮の数日前に娘はお腹を下していました。それが予兆だったのだろうと判りました。生理用品の使い方や初歩的な知識は、学校で少し教えてもらっているのですが、いざ始まるとなると何故か私が緊張しました。生理用品の使い方を改めて教えて、詳しい話もしました。

今思えば、その頃からでしょうか。娘の反抗期が本格化していました。用件があって質問しているだけなのに不貞腐れた態度を取ります。主人は娘の態度に堪忍袋の緒が切れて、家から出す事もありました。当の本人は、何故そんな態度を取ってしまうのか分からないと言っていたので、これは間違いなく反抗期だと確信しました。セノッピーは効果なし?!

誰しもが通る道だし、いつかは終わりが来るので仕方ないと思うしかないです。ですが、月経をきっかけに反抗期が始まったのは非常に分かりやすかったので助かった面もあると思います。