白髪染は永遠に不滅です

白髪が見え始めたのは20代後半でした。両耳の上あたりに数本だけ白くなっていました。

特に何も対応せずに放っておきました。新しいファッションのごとくにです。

まあ、若かったからでしょうか。

艶黒美人は安全?購入して3ヶ月飲んだ効果

気にし始めたのは40代になってからです。この時には白髪は明らかに誰の目にもわかるようになっていました。

やむを得ず白髪染めを使うようになりました。これで見た目は復活します。黒髪です。

となると、白髪染めは手放せなくなります。

が、1週間くらい経つと根元から白い髪になっていきます。

それでも初めは月に1回の白髪染めで済ませました。これが、月2回、週1回と短くなっていきました。

一度、どうせなら真っ白にしてみようと思い、染めず済ませたこともあります。ちょうど、真っ白な髪のお取り寄りが近くにいましたから。

が、残念なことに全部真っ白にはなりませんでした。白の割合はかなり増えてきていましたが。髪を白くするのも難しいと知りました。その真っ白の髪のお年寄りがうらやましい。

ということで、染めるのは、週1回ペースが続いています。頭皮も黒く染まってしまうのが一番の問題でしょうか。明らかにこの人髪染めていますと知らせるように。

髪の毛の薄い人用にはいろいろなサプリが販売されています。かつらも充実しております。

が、白髪は残念ながら染めるしかありません。これを何度も残念に思いました。

色素が足りない。それなのに、色素を補うアプリは、私が知る限り1回だけしか見たことがありません。これを試す日がやがて来るかもしれませんが、やはり選択肢が少ないのが難点です。

今や50代。残念ながら顔も更けてきました。しわも増えましたし。疲れているときにふと鏡を見ると、あれ、おじいさん?と、我ながら悲しくなります。

となると、髪だけは若々しくいたいものです。せっせと毎週白髪染めの生活がこれからも続くのでしょうか。